6 水引草 雑草 Lates

水引草 雑草. ミズヒキ(水引) タデ科イヌタデ属の草本。 和名は、紅白に見える花序が水引に似ていることに由来する。 多年草で、高さ30〜80cm。茎の節部は膨らむ。 葉は互生、広楕円形で、長さ6〜15cm、先端は尖る。また、時季(初夏の頃)によっては葉に「八」の字の模様(鼻緒のような模様)が入る。托葉があり、鞘状。葉や茎全体に粗毛がある。 水引草は、林や藪に普通に生える多年草。普通は雑草の一つとして数えられ 植物でしょう。花は小さく花弁はなく、顎が四裂し、上の三裂は赤色、下の 一裂片は白色とは、植物図鑑の説明。 花が小さくてそんな細かなところまではなかなか判りませんが30cmも有ろう かという細長い花穂に点々とこの小さな花が並んで、上から見ると赤色に、 下から見れば淡白に見え.

狗尾草・犬酸漿・水引 己楽苑 from kirakuen2014.blog.fc2.com

水引草は、林や藪に普通に生える多年草。普通は雑草の一つとして数えられ 植物でしょう。花は小さく花弁はなく、顎が四裂し、上の三裂は赤色、下の 一裂片は白色とは、植物図鑑の説明。 花が小さくてそんな細かなところまではなかなか判りませんが30cmも有ろう かという細長い花穂に点々とこの小さな花が並んで、上から見ると赤色に、 下から見れば淡白に見え. (斑入り(ふいり)の葉っぱ) 撮影日 : 2004. 5.28 (平成16年) 撮影場所: 江東区 南砂 ↓ 下へ(斑入り(ふいり)の葉っぱ) 撮影日 : 2005. 5.17 (平成17年) 撮影場所: 江東区 南砂 (斑入り(ふいり)の葉っぱ) 撮影日 : 2010. 5.22 (平成22年) 撮影場所: 調布市 調布市野草園・特徴のある葉っぱです。. 写真撮影して見ますとあまり目立ちませんが、つんと延びた花茎に転々と赤い小さな花を付けているのが水引草(みずひきそう)、日陰で薄いピンク色の花を付けている背の低い草が蓼(たで)です 水引草 (みづひきさう) に風が立ち 草ひばりのうたひやまない しづまりかへつた 午 (ひる) さがりの林道を まことに水引ほど風に敏感な草花はない。いや風とも.

(斑入り(ふいり)の葉っぱ) 撮影日 : 2004. 5.28 (平成16年) 撮影場所: 江東区 南砂 ↓ 下へ(斑入り(ふいり)の葉っぱ) 撮影日 : 2005. 5.17 (平成17年) 撮影場所: 江東区 南砂 (斑入り(ふいり)の葉っぱ) 撮影日 : 2010. 5.22 (平成22年) 撮影場所: 調布市 調布市野草園・特徴のある葉っぱです。.

水引草は、林や藪に普通に生える多年草。普通は雑草の一つとして数えられ 植物でしょう。花は小さく花弁はなく、顎が四裂し、上の三裂は赤色、下の 一裂片は白色とは、植物図鑑の説明。 花が小さくてそんな細かなところまではなかなか判りませんが30cmも有ろう かという細長い花穂に点々とこの小さな花が並んで、上から見ると赤色に、 下から見れば淡白に見え. 分類:多年草(冬落葉) 原産地:東アジア 大きさ:背丈20~50cm(花茎40~70cm)、横幅25~50cm 主な見所:花(8~11月) ミズヒキの特徴. ミズヒキ(水引) タデ科イヌタデ属の草本。 和名は、紅白に見える花序が水引に似ていることに由来する。 多年草で、高さ30〜80cm。茎の節部は膨らむ。 葉は互生、広楕円形で、長さ6〜15cm、先端は尖る。また、時季(初夏の頃)によっては葉に「八」の字の模様(鼻緒のような模様)が入る。托葉があり、鞘状。葉や茎全体に粗毛がある。

写真撮影して見ますとあまり目立ちませんが、つんと延びた花茎に転々と赤い小さな花を付けているのが水引草(みずひきそう)、日陰で薄いピンク色の花を付けている背の低い草が蓼(たで)です 水引草 (みづひきさう) に風が立ち 草ひばりのうたひやまない しづまりかへつた 午 (ひる) さがりの林道を まことに水引ほど風に敏感な草花はない。いや風とも.

・上から見ると赤く見え、 下から見ると白く見える花を、 紅白の水引に見立てた。 ・日陰に生える。 ・葉っぱは、 変わった斑入り(ふいり) のものがある。 ・「水引草(みずひきそう)」.

Leave a Comment